ARITA PORCELAIN LAB
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. アイテムから探す
  4. 食卓小物
  5. 楊枝入れ
  6. STANDARD SABI つまようじ入れ 錆十草
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. 価格から探す
  4. 3,001円~4,000円
  5. STANDARD SABI つまようじ入れ 錆十草
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. カラーから探す
  4. ブラック(黒)
  5. STANDARD SABI つまようじ入れ 錆十草

STANDARD SABI つまようじ入れ 錆十草

カラー
42mm
奥行き 42mm
高さ 75mm

色違いの商品 サイズ違いの商品

電子レンジ対応
食器洗浄機
商品番号 Ke-07
価格 ¥ 3,300 税込
[ 30 ポイント進呈 ]

倉庫移転に伴う一時出荷停止のお知らせ
物流倉庫の移転に伴い、一時お荷物の出荷を停止させていただきます。
2019年11月13日のPM12:00以降のご注文は、移転完了後の2019年11月19日~順次出荷いたします。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解・ご了承の程お願い申し上げます。

残りわずかです。
  • tweet
  • facebook
  • LINE
アイテム説明

日常使いのシンプルでスタイリッシュな、爪楊枝入

磁器製の爪楊枝入です。

磁器製の爪楊枝入です。
生地の成型は磁器の生地をつくる陶土に水分などを混ぜた「泥しょう」を、乾燥した石膏型に流し込んでつくる成形法「排泥鋳込み」で作ります。
石膏型が泥しょうの水分を吸収して張り付くので、目指す厚みになったら型の中の泥しょうを排出して乾燥させ、型から外します。
主に急須や花瓶、置物など、中が空洞になった袋状の器を成型するのに適してます。
その後注口等を土を接着剤として使って接着します。
生地の乾燥状態や、断面の形状を合わせなければ焼成した時に割れてしまいますので、熟練の技術が必要です。
そして、乾燥させた後に削りを入れて形を整えます。
磁器は最終的に削りを入れる事によって形を出すので、これも熟練の技術がいる大切な工程です。
そして出来上がった生地を920度で二日間かけて素焼きし、錆絵具を一個一個刷毛で巻いた後、表面を鉄筆で引っ掻き削りデザインを入れ、1230度で3日間かけて酸化焼成して完成します。

職人が一本一本手で鉄筆を使って引っ掻き削り、デザインを入れます。

錆絵具を刷毛巻した生地の上に、有田焼の伝統的装飾技法である「掻き落とし」の手法によって、職人が一本一本手で鉄筆を使って引っ掻き削りデザインを入れます。
一見、鉄器のような冷ややかな質感ですが、表面を鉄筆で引っ掻き削り取ることで現れてくる表情は驚くほどモダンで繊細な印象を与えます。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましては、7日以内、未開封・未使用に限り可能です。

入荷お知らせメールについて

  • 入荷お知らせボタンを押下して、メールアドレスを登録してください。
  • 商品が入荷した際にメールでお知らせいたします。
  • 商品の入荷やご注文を確定するものではありません。