ARITA PORCELAIN LAB
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. カラーから探す
  4. ホワイト(白)
  5. STANDARD COLOR 片口 盛鉢(大) 白磁
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. アイテムから探す
  4. 酒器・盃
  5. 片口
  6. STANDARD COLOR 片口 盛鉢(大) 白磁
  1. HOME
  2. ARITA PORCELAIN LAB
  3. 価格から探す
  4. 5,001円~10,000円
  5. STANDARD COLOR 片口 盛鉢(大) 白磁

STANDARD COLOR 片口 盛鉢(大) 白磁

カラー
270mm
奥行き 170mm
高さ 110mm

色違いの商品 サイズ違いの商品

電子レンジ対応
食器洗浄機
商品番号 002-W-L
価格 ¥ 6,050 税込
[ 55 ポイント進呈 ]

1~5日以内に発送予定(土日祝除)

残りわずかです。
  • tweet
  • facebook
  • LINE
アイテム説明

注ぎ口にかけての美しいラインが魅力的な片口

注器としてはもちろん、3~4人分の煮物やサラダをどんと豪快に盛りつけるのにぴったりの片口です。

昔ながらの注器としての機能を生かした使い方だけではなく、盛り鉢として片口を利用すると食卓にも変化が出ます。
たっぷりと深さのある片口鉢は3~4人分の煮物やサラダをどんと豪快に盛りつけるのにぴったりです。
生地の成型は凸と凹の対になった専用の石膏型を積み重ね、生地の元となる「泥しょう」を圧力をかけて流し込む「圧力鋳込み」という成形法でつくります。
型の中に充満した泥しょうが石膏の吸水性により硬化したところで、型から成形品を外します。
主に変形している器の成型に適しています。
その後、乾燥させた後に削りを入れて形を整えます。
磁器は最終的に削りを入れる事によって形を出すので、熟練の技術がいる大切な工程です。
そして出来上がった生地を920度で二日間かけて素焼きし、釉薬を掛け、1300度で3日間かけて還元焼成し完成します。

透き通る白磁の美しさ。

有田焼の白磁は、磁器原料で器の形を作ったあと、それに透明の釉薬をかけます。
それを1300℃以上の高温で焼くと素地は白くなり、釉薬はガラス化して透明になり、釉を通じて素地の白さが透けて見えて白い磁器に見えます。
このガラスのように透き通る白磁の美しさと磁肌のなめらかさが、有田焼の白磁の特徴です。

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましては、7日以内、未開封・未使用に限り可能です。

入荷お知らせメールについて

  • 入荷お知らせボタンを押下して、メールアドレスを登録してください。
  • 商品が入荷した際にメールでお知らせいたします。
  • 商品の入荷やご注文を確定するものではありません。