角高台取皿 墨呉須 COLOR 有田焼

¥1,296
 

日常使いのシンプルでスタイリッシュな取皿

ケーキ、デザート皿やパン皿としても使える取皿です。

ちょこんと小さな角高台、そして四本の彫線の入った美しいフォルムが特徴のお皿です。直径15㎝のお皿は5寸皿と言われ、取り皿として使い勝手のよい大きさで、和洋問わずお料理を引き立てます。折った紙を開いたようにも、また朝顔のような花が開いたようにも見える意匠はなんとも言えない愛らしさがあります。おもてなし用の取り皿としてはもちろん、ちょっとした一品料理を盛ったり、ケーキ、デザート皿、パン皿としても見栄えの良い皿です。生地の成型は凸と凹の対になった専用の石膏型を積み重ね、生地の元となる「泥しょう」を圧力をかけて流し込む「圧力鋳込み」という成形法でつくります。型の中に充満した泥しょうが石膏の吸水性により硬化したところで、型から成形品を外します。主に変形している器の成型に適しています。その後、乾燥させた後に削りを入れて形を整えます。磁器は最終的に削りを入れる事によって形を出すので、熟練の技術がいる大切な工程です。そして出来上がった生地を920度で二日間かけて素焼きし、釉薬を掛け、1300度で3日間かけて還元焼成し完成します。

深海のような深い藍色。

有田焼で古くから古染付け用の顔料として多く使われてきたのが墨呉須です。これに白釉を加えて作った釉薬。深海のような深い藍色が特徴で、どこか落ち着いた印象を与えてくれます。

食器洗浄機〇 電子レンジ〇

--
■色・柄: 墨呉須
■φ: 150mm
Left お買い物を続ける
ご注文

カート内に商品がありません